fc2ブログ
X JAPAN「Born to be free」感想
既に発表されている新生X JAPANの2016年発表予定の待望のニューアルバムから、
先行シングル「Born to be free」がリリースされました。

リリースっていうからよく調べずに久しぶりにCD屋さんでCD買おうと思いまして。
店頭でV系注文するのが気恥ずかしいのもありここ数年ネット通販ばかりだったのですが、
待ちに待ったXの新譜!
それも完全復活を遂げ、今後の精力的な活動も公表されてからの新譜です。
青春時代に発売日にゲットしたCDを家に帰って聴くワクワク感をなんとなくまた味わいたくて、
出来れば通販でも配信でもなく店頭で購入を、と思ったんですが
市内のCD屋さんを2件回ってみましたが並んでおらず・・・
帰宅してからちゃんと調べてどうやら配信のみで販売とようやく理解。
まぁそれはそれでいいんですが、
いざ地元でCDを買おうと調べたCD屋の店舗件数自体の少なさにビックリでした。
そういえば前に住んでた地域のCD屋さんも、こないだ言ったら更地になってた・・・
片田舎ながらV系やらジャニーズやら韓国の何かやらコーナーを作って、
「CD離れ」の時代でも物理メディアとしてのCDをちゃんと訴求してた良い店だったんですが。


さて、結局はiTunesで購入した今回の新譜ですが、
楽曲自体は活動再開当時からパチンコとのタイアップ等で知られており、
ライブでも既に定番となっているようで、新鮮さというのは正直ありません。

が、改めて正規音源として聞いてみると
新生Xで随一のバンド感の強い楽曲であると感じられ、また驚きがありました。
しっかりと刻むようなリズムに非常にシンプルなギターリフが印象的なこの曲には、
他の復活以降の曲と同様、
全盛期のように全力で疾走するドラムや表情豊かで華やかなギターリフはありません。
しかし、ピアノやストリングスを随所に織り交ぜた静と動そして
ウィスパーを取り入れた構成や美しいメロディーはやはりYOSHIKIですし、
それでいて、以前では考えられなかった「自由になるために生まれてきた」という
ポジティブで力ある歌詞に込められたメッセージが
かつての解散以降に色々な、本当に色々な出来事を経て再び動き出した
まさに新生Xの復活を感じさせてくれます。
かつてのような悲愴で破滅的に疾走する楽曲を求めれば、物足りなく感じるのは仕方ないでしょう。
しかしこの曲は、多くのこと・・・
解散当時のメンバー間の不和、Toshiの洗脳騒動、Hideの死、
それらから余りに長い月日を経た末のYoshikiとToshiの邂逅と和解、Sugizoの加入・・・
を乗り越え、そしてメンバー自身が「今が最強」と語る
「今のX JAPAN」そして「これからのX JAPAN」が感じられる曲ではないでしょうか。
スポンサーサイト



【2015/11/12 01:48】 | V系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球防衛軍4買った
サラリーマンはつらい。

最近またゲームするようになってきました。
ちょと古いがMGRをイージーでクリア、
DLCも少しやったあたりで地球防衛軍へ移行。

仕事が忙しい時期であんま進められないのが悔しいが
楽しいのでよし。
PSで出てた過去作はコンプしたはずなんだけど、
今回はまだレンジャーのイージー途中のみしかできてない・・・
これボリューム的に俺には終わらせられないんじゃないかって気がする。

1日2ステージでもコンスタントにできればいいな。

というわけでゲームが忙しいので
音楽の感想とか書きたい気持ちはあるんだけどまた今度にします。

最近買ったCD
ケイティペリーのアルバム
hideトリビュート2つ

元VersaillesのJupiterは買うか考え中
KAMIJOはトレイラーにmana様が出てたんで買う気満々なった!
【2013/07/21 02:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
超久しぶりに復活
酒の勢いで復活です。
若かったあの頃、なんちゃらの至りで書いてたこのブログ。
自分でも完全に忘れていたんですが、
酒飲みながらググった結果にこのブログが出てきて懐かしくなり
そして勢いで再開してみることにしました。



一応、間が開いたのでV系ライフを振り返ると
まぁそこそこ聞いてはいたんだけどもライブとかは行ってなかったですね。
結婚したりなんやかんやそれどここじゃなくって。
で去年、Versaillesの最後のツアーということで、
あぁこれは人生最後のV系ライブかもと思いながら参戦してきたんですが
これが楽しくて楽しくて、
やっぱこういうの好きだなーと思ってしまった。
生活も落ち着いてきた気がするのでまたV系ハマっちゃおうと。
そんなこんなで、ほぼ当時のままのテンプレで
年だけ食った俺がブログを再開します。

誰も読まないだろうにこう長々書いてしまうあたりがやはり年か。
とも思うが長いブランクだったのでこういうのは必要。

あとリンク先ページが全部デッドリンクか廃墟なのは
どうしようもないのでそのうちどうするか考えます。
【2013/06/08 02:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イロモノとしてのV系バンド考
お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】というバンドがあります。

御主人様専用奇才楽団Virgilというバンドがあります。

もうね、なんと言いますか・・・名前からしてすっごいイロモノ感。
彩冷えると書いてアヤビエ、
アリス九號.と書いてアリスナイン、
愛狂います。と書いてアイクルとかのレベルではないです。

最初に断っておくと、俺はこのあたりのバンド、
ちゃんと聴いてます(笑)

名前からアレな香りがプンプンなこのバンド達ですが、
本質に立ち返ればそもそもV系とはイロモノとして認知されてきました。

Xはヘヴィメタの「見た目の珍しさ」でさえ売りにして成功し、
結果としてV系の語源となるヴィジュアル・ショックへ繋がったわけです。
黒夢はグロテスクを信条とし、
インディーズ当時「首吊りパフォーマンス」なるものを実践していたそうな。
メジャーデビュー後に黒夢にハマってそれを知った当時中学生の俺は
それはもう多いにドン引きました。
しかしその黒夢も黒系の起源といっていい存在になりました。

このように、V系とは元来ある意味でイロモノであり、
同時にそれを売りにしながら少しづつ市民権を得てきた経緯があります。
ジャパメタ移籍組の実力派が幅をきかせ、
インディーズにV系レーベルが複数存在し、
たくさんのバンドが同じトレンドを追いかける状況にあってこそ、
これらのイロモノバンドを安易に切り捨ててはいけない!
と俺は思っています。のでこれを書いています。



さて、まず”お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】”ですが、
読みは「パレード」らしいです。みじか!
ヴィジュアル的にもデコラ系と呼ばれるような、
白とピンクを基調とした感じです。
俺が最初に聞いたのはオムニバス音源での
「出会いは(・∀・)ノシから」という曲です。
タイトルでイラっとくる方は少なくないと予想しますが、
俺の個人的な感想ですが、
この曲に関してはまったく、なんというか、どうしようもないです。
サビでタイトルそのままの歌詞を舌足らずに歌い上げているんですが、
これを違和感なく受け入れるにはかなりの鍛錬が必要です。
オムニバスというのはバンドの告知も兼ねた大事な場だと思いますが
彼らにとってどういった意図でこれを収録したのかは不明です。

さて、以降の独自リリースの音源ですが、これが意外なほど良いです。
歌唱力はともかくも存在感たっぷりのヴォーカル、
ファンタジーな物語の情景が浮かび上がる歌詞、
それらを効果的に演出するリズム隊とシンセサイザー。
キュンキュンとか言ってる曲もありますが、
曲によってはダークな部分もありシャウトも聴けます。
本当にあのオムニバス収録曲は何だったのか?と思ってしまいます。

ともかく、食わず嫌いはいけないことを再認識させてくれたバンドです。
演奏の技術という点ではともかくとして、
すごく面白い試みをしているバンドとして期待しています。
アレンジのクセの強さも人によってはハマると思いますよ。



もう1つ”御主人様専用奇才楽団Virgil”ですね。
こちらはバンドにカテゴライズしきれないのかもしれません・・・
普通に考えて絶対に手を出さないネーミングなんですが、
メンバーの過去のバンドに思い入れがあったために聴いてみました。
最初に聴いたのが
ドラマCD”奇才楽団物語「ゼクス之章」”
ってドラマCD・・・?
そうです。こちらはドラマCDです。
バンド名の通り、とある人に仕える執事?メイド?みたいなコンセプトのバンドで、
これはそのメンバーのゼクス(Ba)をフィーチャーした作品です。
どうやら彼がイチオシの美形らしいですね。
作品としては、マジでドラマCDです、としか言えません・・・。
しかしVo.を中心としたキャストの演技が思いのほか良く、
最初はいかにもアニメ的なテンションに苦笑いだったのが
最後は普通に感動してしまいました。
V系でドラマCDといえばPsycho le Cemuのアレを思い出しますが・・・
知っている方がいれば、アレとは別物だということは断言できます(笑)
LAREINEを聴いていた俺としてはこうしたドラマ的な演出は嫌いじゃないです。

しかし・・・肝心の楽曲は少し、いや、かなり弱いかなと感じます。
ドラマに引用される曲も特にそれらしいアレンジはなく、
ドラマに無関係な曲はインパクトに欠けるの一言。
演奏の技術に特筆すべき箇所もなく、
ドラマでは声色自慢のVo.も拍子抜けの歌声。
そういえば声優の歌ってこんな感じかも・・・。
ヘタではないですが、あまりにも普通と言うか、
90年代のV系ブーム期にメジャーで売れずに消えたバンドみたいな曲です。
腐女子と呼ばれるオタク女性をターゲットにするにしても、
ゼクス以外のメンバーは超美形とは言い難く
イケメン執事キャラとしても難しいのではないでしょうか。

結局のところバンド主体なのか、
バンドもやれるイケメン集団なのかによって評価が変わりますが、
今の活動から見てやはりバンドなのでしょう。
気合の入ったドラマCDの出来に見合う楽曲をぜひ聞かせてもらいたいですね。

イロモノV系バンド、応援してます♪
【2009/12/29 10:24】 | V系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Megaromania「Prophetic Faction-the Universe-」感想
今月は月に2回も出張がありました。
営業でもない一般職の俺にとってはまさに異例の事態。
かなり疲れましたがそれも終わり、
年末に向けてほっと一息という感じです。

では久々の音源レビューでもっと。
Mgaromaniaの初のフルアルバムなんですが、
これは少し前からずっとヘヴィロテしてます。
Megaromaniaと言えばMetis Gretelの後身バンドみたいなイメージが強く、
実際に俺も過去の音源からそう思っていた節がありました。
Metis GretelとはKAMIJO主催のSASに所属した、
わざとらしい壮大なSEになんだか苦しそうに入る語りが特徴の
V系伝統芸能的コテコテバンドです。
Madeth Grey'llなんかが直系の祖先になるんでしょうか。
こういうバンドというのは半分ネタ扱いされながらも希少な存在で、
伝説(色々な意味で)と呼べるバンドでもあります。
そこからヴォーカルとギターを引き継いだのがこのMegaromaniaで、
前述の通りMetes Gretelのカラーが非常に強いです。

が、今回のアルバムで化けましたね。
プレイ面ではギター中心にかなりメタル寄りにシフトしてます。
ヴォーカルの声質もこれによく合っています。
それでいてV系的な要素も忘れないのはやはりアンダーコード所属。
最近多い「V系意識のジャパメタ」ではなく、
あくまでメタル要素を加えたコテV系です。

特にインパクトがあったのが1曲目「Prologue&Epilogue」
インストみたいなタイトルですしアンダコードですし、
やっぱり最初はインスト・・・と見せかけて違う。
実際アンダーコードでよく聞くインストみたいに長いSEから始まりますが、
唐突に始まるバンドパートがタイトなリフでガシガシと盛り上げ、
そのまま続くサビはシンプルな泣きのメロディ+ピークでファルセットに遷移するという
まさに90年代V系を愛する人のド真中という構成。
SE→バンド→歌と、どの場面でも嬉しい意外性を感じた曲です。

これで一気にアルバムへの期待も高まる中、
メタル色の強いシングル曲「APOCALYPSE」が続きます。

メタル寄りのバンドというのは先行シングルでも分かりましたが、
このアルバムで完全にMetis Gretelの残像とは決別できたでしょう。
歌詞は同じような表現ながら全く別物の世界観が出来ています。
音の作りが非常にバンドのバランスに合っていて
いわゆる「疾走系」の曲を心地良く楽しませてくれますよ。
全11曲中、5曲がシングルからというのもお得で入門としてもオススメ。
インストも1曲だけです。
ヴォーカルの声質は多少好みが分かれますが、
最近のバンドで良質なコテをお探しならぜひ聴いてみて下さい。



技術★★☆☆☆
個性★★★★☆
歌詞★★★★☆
旋律★★★★★
印象:メタルに寄り過ぎなV系に飽きた人も聴いてみて!
【2009/12/29 10:22】 | V系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ